ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

三遊亭円楽、こらえきれず涙…

 落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名:椎名巌=しいな・いわお)さんが2日、慢性閉塞性肺疾患のため横浜市内の病院で亡くなったことを受け、8日放送の日本テレビ系『笑点』(毎週日曜 後5:30)では、当初の内容を変更して「桂歌丸師匠ありがとうスペシャル」を放送。歌丸さんへの感謝をテーマにした大喜利で、三遊亭円楽は最後のネタを披露した直後、こらえきれず大粒の涙を流した。

【写真】桂歌丸さんを追悼した笑点メンバー

 この日は前半で、歌丸さんの回答者時代と司会者時代の名シーンVTRを放送。司会の春風亭昇太が「歌丸師匠の思い出をたっぷり語りながら偲んでいこうと思うのですが、そこはやはり『笑点』ですから、しんみりではなく明るく思い出を語って、師匠をお送りしたいと思います」と切り出し、全メンバーが歌丸さんの思い出を語り合った。

 後半は大喜利のコーナーで、テーマは「ありがとう歌丸師匠」。歌丸さんが喜びそうなことに座布団1枚という特別ルールで、各メンバーが笑いを交えながら歌丸さんへの思いを伝えていった。

 最後に円楽が指名されると、「最後に一言いわせてください。ジジイ!早すぎるんだよ!」と大声で叫び、会場からは万感の拍手。最後に観客と視聴者に頭を下げるシーンで、円楽は流れてくる涙をハンカチで抑えながら、歌丸さんへの感謝の意を示した。

(提供:オリコン)
2018/7/8 18:09 配信

8日放送の『笑点』で桂歌丸さんを追悼 [2016年5月22日撮影](C)ORICON NewS inc.
8日放送の『笑点』で桂歌丸さんを追悼 [2016年5月22日撮影](C)ORICON NewS inc.