ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

ジャンプ音楽フェス最終日レポート

 7日に神奈川・横浜アリーナで開幕した『音』でつくる『週刊少年ジャンプ50周年記念特別号』をコンセプトにした、ジャンプにゆかりのあるアーティストが出演するイベント『JUMP MUSIC FESTA』(ジャンプミュージックフェスタ)。2日目で最終日となる8日に、欅坂46、Little Glee Monster、家入レオ、GRANRODEO、Thinking Dogs、SPYAIR、FLOWが出演。MCのオリエンタルラジオと生駒里奈、特別ゲストとして『ONE PIECE』主題歌「ウィーアー!」で知られるきただにひろしとRADIO FISHが、7日に続いて登場した。

【写真】FLOW、きただにひろし、家入レオらが熱唱する姿ズラリ

 イベントでは初めに、オリエンタルラジオの中田敦彦、藤森慎吾が「遂に始まりましたよ~!」とステージに登場。ベレー帽&チェックのパンツをコーディネートしたキュートな姿で登場した元乃木坂46、AKB48メンバーの生駒は「横浜アリーナの男子~! 女子~! 盛り上がっていきましょうね~!」と、初日に続き盛り上げた。中田は「(大ファンのサカナクションに興奮し過ぎて)生駒ちゃんの前で奇声を発したのは初めて」と言うと、生駒は「ひと言でいうとドン引きでした」とツッコミ。藤森は「僕はいろいろとコスプレさせていただきました。意外と評判が良かったんですよ」とそれぞれ初日の感想を述べた。

 2日目のトップバッターである女性ボーカルグループのLittle Glee Monsterは、『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』OP曲「OVER」からスタート。2曲目の「SAY!!!」では「Say!」「Yeah!」のコール&レスポンスを繰り広げ、観客はタオル回しで会場のテンションを高めていった。また、アカペラメドレーでは透き通ったハーモニー、力強い歌声を披露。マイケル・ジャクソンの「スリラー」などを入れたマッシュアップで魅了した。

 2番手は、KISHOW(谷山紀章)とe-ZUKA(飯塚昌明)の2人で構成されるユニット、GRANRODEO。「ヘイ!横アリ~!」と会場に呼びかけると、力いっぱい『黒子のバスケ』のOP曲「The Other self」でスタート。「Punky Funky Love」「メモリーズ」「Can Do」と『黒子のバスケ』尽くしのセットリストで盛り上げ、KISHOWは「ハートは熱く、頭はクールに頼むぜ!」と名台詞を決めて会場を沸かせた。

 3番手、ロックバンドのThinking Dogsは、「自分たちを知ってもらえれば」と、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の初代OP曲である、JUDY AND MARYの大ヒット曲「そばかす」を熱唱。ノリノリの観客は「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」の大合唱で、会場全体からハンズクラップが鳴り響いた。

 4番手は、初日にも氣志團とともにアニメ『ONE PIECE』の主題歌「ウィーキャン!」を歌ったきただにひろし。2日目は「みんな、ONE PIECE は好きか~!?」と客席に問い掛け、『ONE PIECE』の初代OPテーマ「ウィーアー!」と「ウィーゴー!」で、高音の美声を轟かせた。「こんな大きなところで『ウィーアー!』『ウィーゴー!』を歌えてよかった。僕の人生を変えた2曲です」と告白。

 続いて、初日にも会場を熱狂させたRADIO FISHが登場し「ULTRA TIGER」「NEW GOD」「PERFECT HUMAN」などを披露した。中田の高速ダンスや、ダンサーの頭上で運ばれていくシーンはジャンプファンたちにも大受け!ヒット曲 「PERFECT HUMAN」では大歓声が巻き起こった。さらにRADIO FISHは、クリスタルキングの「愛をとりもどせ!!」(アニメ『北斗の拳』オープニング曲)カバーバージョンも披露。パフォーマンス終了後に「ライブをやってみてどうですか?」と聞かれると、中田さんは「さいっこ~!!とにかく楽しい」と笑顔を見せた。

 6番手は家入レオ。“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」主題歌に決定している新曲「もし君を許せたら」で切ないメロディを披露した際は、「人の葛藤する姿が美しいんじゃないかと思って作りました」とコメント。さらに『ドラゴンボール改』ED曲の「純情」や、『トリコ』ED曲の「サブリナ」などを披露。「サブリナ」では、観客が総立ちになり、会場は輝くペンライトで埋め尽くされた。

 7番手、4人組ロックバンドのSPYAIRは、『銀魂 銀ノ魂篇』OP曲の「I Wanna Be…」や『銀魂』OP曲の「サクラミツツキ」、ED曲「サムライハート(Some Like It Hot!!)」などを披露。『ハイキュー!!』主題歌の「イマジネーション」が始まると、観客のペンライトが一斉にリズムを取り始め、「タオルを回せ回せ回せ~」の合図で、会場全体が大きく躍動した。

 その後のMCタイムには、『ハイキュー!!』好きとしてタレントの足立梨花も登場。生駒は「梨花さんは、ハイキューのことになったらうるさいんですよ(笑)。でも、梨花さんは大先輩なのにこうやってフランクに話せるのはジャンプのおかげ」と、友情を育むきっかけとなった週刊少年ジャンプに対して感謝した。

 ひと際大きな声援で迎えられたのは、欅坂46。昨年大みそかのNHK紅白歌合戦以来、約半年ぶりにきのうのテレビ番組に出演し、ニュースになった平手友梨奈も登場。フロントのビジョンに平手が映ると、「うぉ~!!」と会場からは割れんばかりの歓声が起こった。そして「Overture」からスタート。デビュー曲「サイレントマジョリティー」をはじめ、「風に吹かれても」「ガラスを割れ」などで一糸乱れぬパフォーマンスを披露すると、多くの観客が息を飲んだ。

 トリを務めたFLOWは、映画『ドラゴンボールZ 神と神』の主題歌としてカバーした、ロックテイストの「CHA-LA HEAD CHA-LA」や挿入歌「HERO ~希望の歌~」を、ドラゴンボールの迫力ある映像とともに披露。その後、「FLOWの15年の節目節目にナルトがいました。勝手にナルトは戦友だと思っている」と、感謝の気持ちを込めて『NARUTO-ナルト-』のOPテーマ「Re:member」や「Sign」、名曲「GO!!!」を演奏。新曲「Break it down」も披露するなど、豪華なセットリストとなった。

 また、会場の大型ビジョンには、度々『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ(CV:田中真弓)や『僕のヒーローアカデミア』の緑谷出久(CV:山下大輝)を始めとした、多くの人気キャラクターたちが登場。キャラクターによる大喜利などのユニークな企画でも、会場のジャンプファンは大いに楽しみ、MCの生駒に至っては感動で涙を流す場面もあった。

(提供:オリコン)
2018/7/9 07:00 配信

『ジャンプミュージックフェスタ』最終日に出演した欅坂46
『ジャンプミュージックフェスタ』最終日に出演した欅坂46