ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

川栄“頭脳明晰キャラ”「難しい」

 女優の川栄李奈が9日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(17日スタート、毎週火曜 後9:00※初回20分拡大)の制作発表会に出席。AKB48時代は“おバカキャラ”が定着していたが、同ドラマでは頭脳明晰な才女を演じ、「難しいです」と苦笑した。

【写真】川栄の言葉に「泣ける」と感謝する吉岡里帆

 川栄が演じるのは、新人ケースワーカーの主人公・義経えみるの同期・栗橋千奈。「せりふで難しい言葉がずらーって並んでいて、割と早口でしゃべったりするので難しいなと思いました」。えみる役の吉岡ら同期役5人でのシーンが楽しいようで、「自分がしっかりしないといけないっていうキャラがありつつ、みんな個性豊かなので、やりやすい空気を皆さんに作ってもらっています」と話していた。

 同ドラマは、柏木ハルコ氏による小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載中の同名漫画を実写化。安定を求めて就職したはずの新人ケースワーカーが、生活保護受給者のさまざまな人生模様に戸惑いながらも、向き合い、奮闘する姿を描く。この日は吉岡、井浦新、川栄、山田裕貴、田中圭、遠藤憲一が出席した。

 タイトルにちなみ、これがあれば最低限度の生活ができるものを聞かれた川栄は「人です。疲れているときでもこの現場にきて、笑顔でおはようって言ってくれる里帆ちゃんや、笑わせてくれる山田くんを見ていると、自分よりも大変な人が自分よりも笑顔で頑張っているのが自分の原動力になります」と回答。吉岡は「泣ける。たまらないですね、私も同じことを思っていたので。同年代で同性で、クタクタになるくらい一生懸命になるくらい頑張っているのが伝わってくる。いつもよく笑って明るくて、こんなにいい子いないぞってくらいなので、うれしかった」と川栄に感謝していた。

(提供:オリコン)
2018/7/9 15:00 配信

吉岡との撮影シーンが楽しいと語った川栄李奈 (C)ORICON NewS inc.
吉岡との撮影シーンが楽しいと語った川栄李奈 (C)ORICON NewS inc.