ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

夏季限定“飲むクリスピーサンド”

 ハーゲンダッツ初の"和スイーツ"をコンセプトにしたクリスピーサンド『ほうじ茶 和の菓(わのか)~黒糖仕立て~』(税込294円)が本日10日より全国で販売された。それにあわせて、東京・表参道のカフェ・ラウンジ「montoak(モントーク)」内に、限定カフェ『Haagen-Dazs"CRISPY SAND BEACH CAFE"(ハーゲンダッツクリスピーサンドビーチカフェ)』がオープン。カフェでは「クリスピーサンド」をまるごと使った、見た目も味わいもインパクトのあるシェイクやパフェを楽しむことができる。

【写真】イートイン限定の豪華な『クリスピーサンドシェイク・パフェ』

 「クリスピーサンド」がカップに大胆にトッピングされたメニューは、テイクアウトとイートインそれぞれ3品ずつ全6品がラインナップ。新作の『ほうじ茶 和の菓~黒糖仕立て~』、定番の『キャラメルクラシック』、期間限定の『3種ベリーのレアチーズ~ベリーとビーツのウエハースと~』の3商品を、シェイク(税込 各700円※ベリーのみ800円)とパフェ(税込 各1296円)にアレンジ。

 なかでも注目は、今年流行のほうじ茶を堪能できる『クリスピーサンド シェイク with ほうじ茶 和の菓(わのか)~黒糖仕立て~』。シェイク部分には、クリスピーサンドを丸ごとミキサーにかけているため、ほうじ茶アイスクリームの芳醇な香りと味わいを存分に楽しむことができる。シェイクのひんやり感のなかに、黒糖ほうじ茶コーティングとほうじ茶ウエハースも混ざり食感も新感覚。クリスピーサンドに、トッピングのあんこやホイップクリームをディップしながら食べるのもオススメ。

 『with キャラメルクラシック』は、同シリーズ唯一の定番商品『クリスピーサンド キャラメルクラシック』をトッピング。サクサクとしたキャラメルナッツをアクセントに、甘さと苦みの絶妙なバランスが味わえる。付属のストローでシェイクを飲むと、濃いキャラメル味が持続し、最後の一滴まで楽しめる大満足の味わい。『with 3種ベリーのレアチーズ~ベリーとビーツのウエハースと~』は上から下まで淡いピンクで、写真を撮りたくなるかわいらしさ。自家製のいちごコンフィチュールとベリーの果肉をふんだんに使ったフルーティーなシェイク。レアチーズが加わることで、夏らしいさわやかな甘酸っぱさがあふれ、女性好みの味わい。
 
 イートインのみで提供の『ハーゲンダッツ クリスピーサンドシェイクパフェ』は、1日100食限定。シェイクをベースにメロンやマンゴーなどのフルーツや、白玉やグラノーラといった食感の違いも楽しめる豪華なデザートとなっている。トッピングの繊細な飴細工とガラスの器がリッチ感を演出。店内限定メニューなので、リゾート感あふれる店内でゆったり味わいたい。

 限定カフェは7月10日から29日まで開催。パリパリウエハースが人気の「クリスピーサンド」を“飲んで楽しむ”新感覚を体験してみては。

(提供:オリコン)
2018/7/10 16:40 配信

クリスピーサンド・ビーチ・カフェにて限定発売される クリスピーサンドシェイク 
クリスピーサンド・ビーチ・カフェにて限定発売される クリスピーサンドシェイク