ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

奥田ら“全員50代”新バンド結成

 寺岡呼人(50)、奥田民生(53)、斉藤和義(52)、浜崎貴司(53)、YO-KING(50)、トータス松本(51)の6人が、新バンド「カーリングシトーンズ」を結成することが明らかになった。全員50代の大物ミュージシャンからなるドリームバンドは、9月23日にZepp Tokyoでデビューライブを開催する。

【動画】メンバーが赤裸々に語る記者会見風動画

 JUN SKY WALKER(S)のベーシストで音楽プロデューサーとしても知られる寺岡のソロ活動25周年を記念し、レコード会社も所属事務所も異なるマルチプレイヤー6人が集結した。新バンドでは全員“シトーン”を名乗り、寺岡シトーン(Vo/G/B/Key)、奥田シトーン(Vo/G/B/Dr)、斉藤シトーン(Vo/G/B/Dr)、浜崎シトーン(Vo/G)、キングシトーン(Vo/G/B/Dr)、トータスシトーン(Vo/G)で構成。全員ボーカル&ギターでソングライティングもでき、ツインドラムや4人ベースも可能となる。

 こうしたバンド形態は、ジョージ・ハリスンやボブ・ディラン、トム・ペティらが、所属レコード会社が異なる関係上全員が実名を伏せ、「ウィルベリー姓の兄弟」という設定で1988年に結成した伝説の覆面バンド「トラヴェリング・ウィルベリーズ」をほうふつとさせる。オールスターバンドという意味では、1971年にタイガースから沢田研二と岸部一徳、テンプターズから萩原健一と大口広司、スパイダースから井上堯之と大野克夫が集結した「PYG」や、1981年に桑田佳祐、山下達郎、世良公則、竹内まりや、ダディ竹千代らが結成した「竹野屋セントラルヒーティング」などがあるが、平成最後の秋にドリームバンドが誕生することになった。

 今月都内某所に集まった6人は、金屏風をバックに記者会見風の映像収録を実施した。最年少でリーダーの寺岡がおそろいの白スーツに身を包んだメンバー紹介し、カーリングのストーンをモチーフにしたバンドロゴとデビューライブの日程、会場を発表。キングは「芸達者な皆さんとごちゃ混ぜになりながら、楽しいライブとか、もしかしたらオリジナル曲もできたらいいかなと思います」と意気込みを語った。実際にデビューライブに向けてそれぞれがオリジナルソングも制作しているいい、本気度が伺い知れる。

 トータスはバンド結成の経緯を「LINEのグループがもともとあって、もう5年くらい普段から連絡を取り合っていて、いずれこうなったら楽しいなと思っていたら、寺岡シトーンがみんなを煽った形になりました」と説明。奥田はバンド名の由来について「たまたま全員カーリングの経験者で(笑) 共通点があったので名前に入れようと」とうそぶき、自身はカーリング歴8年くらいとジョークを飛ばすと、斉藤も昨年から始めたばかりの初心者だととぼけた。

 芸能レポーターからは矢継ぎ早に質問され、どんなライブになるのかと聞かれた浜崎は「ライブ中に“もぐもぐタイム”を入れようかと考えている」と構想の一部を明かし、取り入れたいおやつとして、浜崎は「さば寿司」、キングは「ひねり揚げ」、トータスは「黒糖ドーナツ棒」、斉藤は「皿うどん」、奥田は「イカフライ」、寺岡は「チョコ」を希望していた。

 全員50代のメンバーが老化や“この人のここが嫌だ”などをゆるく、和気あいあいと語っている会見動画はこのあと全編公開予定。デビューライブのチケットのプレオーダーは今月28日から開始され、一般発売は8月25日午前10時スタート。



(提供:オリコン)
2018/7/11 09:00 配信

全員50代の大物ミュージシャンが新バンド「カーリングシトーンズ」を結成(左から浜崎シトーン、キングシトーン、寺岡シトーン、奥田シトーン、斉藤シトーン、トータスシトーン)
全員50代の大物ミュージシャンが新バンド「カーリングシトーンズ」を結成(左から浜崎シトーン、キングシトーン、寺岡シトーン、奥田シトーン、斉藤シトーン、トータスシトーン)