ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

チュート徳井も絶賛“神尻”美女の転機

「神尻」と呼ばれる96cmのダイナマイトヒップと割れた腹筋をもつ、“こげなつ”ことNATSU(27)。お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が“今一番会いたい人”として『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP』(日本テレビ系)に出演し、注目を集めた筋肉美女だ。健康的な小麦色の肌と鍛えあげられたボディのファンは多く、インスタグラムのフォロワーは18万人を超える。唯一無二の美しいヒップを武器に、この8月にはパーソナルトレーナーとして新たな一歩を踏み出す。躍進を続ける彼女に、そのボディづくりのこだわりや思いを聞いた。

■大きな下半身はずっとコンプレックスだった

「私はもともと下半身が大きいことが、ものすごいコンプレックスだったんです。10代の頃から“このお尻をとにかく小さくしたい!”と思い続けていて、エステに通ったり、小尻に見えるデニムをはいたり、本当に努力をしていました」

 そんなコンプレックスが、最大の武器となることを知ったのは2016年12月。東京開催のボディコンテスト『SUMMER STYLE AWARD×DREAM』に友人に誘われて出場し、いきなり2位の快挙を成し遂げたのだ。準備期間はわずか1か月。本格的にトレーニングをし、栄養学に基づいた食事制限をするのも初めてのことだった。

【写真】まさに桃型!徳井が惚れたこげなつの“神尻”ずらり

「初めて出場したフィットネスの大会で、大嫌いだった大きなお尻と太ももをすごくほめられたんです。そこから考え方が、180度変わりました。コンプレックスが武器になっちゃったんです。それなら、“もっといいお尻になってやろう”と、すごくプラス思考になりました」

 2017年4月、シンガポールで開催された健康的で女性らしい体を競う『WBFF ASIA 2017』では日本人として初優勝。アジア一の美尻筋肉女子として注目されるようになった。そんな彼女が追求する理想のボディとは。

「細すぎず太すぎない、グラマラスなボディが理想です。大きいお尻がいいとはいえ、もちろん大きいだけではダメ。垂れていたり、横に張っていたら美しくないので、やはり努力が必要です。桃のように丸く、きゅっと上がったお尻が理想的です。トレーニングはきついですが、楽しくもあります。成果が目に見えますから」

■自分の体が変われば変わるほど、“もっと、もっと”と頑張りたくなる

 ダンサーやモデルとして活動してきたこげなつ。19歳で地元の札幌から上京し、20歳になるとクラブに通うようになった。

「3歳からジャズダンスを習い始め、高校生の頃はガールズヒップホップを踊っていました。高校卒業とともに総合ディスカウントストアの会社に就職し、いったんダンスはやめました。でも1年後に東京勤務となり、クラブで踊っている人たちを見て“やっぱり踊りたい”という気持ちが強くなって……。東京勤務半年で退職し、好きなときに踊って遊べるよう、アルバイトを掛け持ちしながら生活しました」

 その頃からストリート系のファッション雑誌や、メンズブランドのカタログの女性モデルなどの仕事をするように。23歳から3年間はダンサーグループのメンバーとして活動し、さらに注目を集めた。当時から自己流でフィットネスに励み、割れた腹筋など引き締った体型が注目されたことから、グループのエクササイズDVDも発売された。

「自分の体が変われば変わるほど、“もっと、もっと”と頑張りたくなるんです。いずれフィットネスの仕事を本格的に始めたいと思うようになりました」

■食事制限はしない。食べることが一番好きだから

 こげなつのボディメイクのメソッドは、大会出場時以外、食事制限をしない。好きなものを好きなだけ食べて、その分のカロリーを消費するというトレーニングが基本。その背景には、20歳の頃に倒れるほどの断食ダイエットをした経験がある。

「20歳前後の頃はとにかく痩せたくて、でもどうやって痩せればいいのかわからなかったんです。それでダイエット=“断食”をしましたが、フラフラになって倒れたことも3回ありました。そこで気づいたことが、“食べないと幸せじゃない”。断食中は人生がだんだんつまらなく思えてきて、イライラが募り、気持ちが病んでいきました。私はやっぱり、食べることが一番好き。そのことに気づき、普通に食べるようになりました。好きな食べ物はアボガドチーズバーガー(笑)。ピザもパスタも焼き肉も好きだし、飲みにも行きますよ」

 2018年8月、東京・西麻布に会員制フィットネスジム「ENTIRE GYM」でパーソナルトレーナーとして活動する予定だ。

「完全にプライベートな大人のフィットネスジムです。ここでは念願だったパーソナルトレーナーとしての活動を本格的にスタートします。私はフィットネスを通じてコンプレックスが武器に変わり、心も体も元気に健康になりました。だからこそ私のようになりたい、と言って下さる女性ファンの方々に直接指導させていただきたいんです」

 痩せていることが、美しさではない。過度の食事制限など間違ったダイエットをしてる人に健康的なフィットネスを発信していきたい。また、体型にコンプレックスを抱えるすべての人に、フィットネスの楽しさを伝えていきたいと夢を語る。

(提供:オリコン)
2018/8/10 08:40 配信

愛称”こげなつ”の由来を聞くと「焦げたNATSUだから。自分でつけたんです」とはにかんだ。撮影/臼田洋一郎 (C)oricon ME inc.
愛称”こげなつ”の由来を聞くと「焦げたNATSUだから。自分でつけたんです」とはにかんだ。撮影/臼田洋一郎 (C)oricon ME inc.