ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

「ガンダム」ラストをジオラマ再現

 アニメ『機動戦士ガンダム』を語るうえで欠かせないのが、魅力あるキャラクターたちの“生き様”だ。とりわけ、ファーストガンダムの主人公であるアムロ・レイと、そのライバルであるシャア・アズナブルは圧倒的な人気を誇っている。今回のジオラマは、ガンダムシリーズ屈指の名シーンと名高いファーストガンダムのラストを完全再現。仲間の元へと帰還するアムロ、愛する妹・セイラに対して今生の別れを告げるシャア。この二つのシーンを作成したモデラー・まつおーじ氏の想いとは?

【写真】これが「ジオラマ」かよ!? ガンプラ職人による“神作”一覧 ランバ・ラルの夏休み、ジオン水泳部も

■安彦絵をヒントに、一人ひとりの表情まで緻密に再現

 情景描写のこだわりについてモデラー・まつおーじ氏は、「レイアウト時の自分の気持ちいい、心地いいポイントを重視しています」と説明。特に、 構図の“空気感”やキャラの“目線”といった「間」へのこだわりを強調した。

 実際、ファーストガンダムのラストシーンを再現した作品『my sweetest』からは、戦場から帰還するアムロと、それを迎えるホワイトベースのクルーたちの安堵、驚き、喜びといった生々しい“感情”と“空気感”が伝わってくる。

「作品のタイトルは劇場版『ガンダムIII』の挿入歌「めぐりあい」の歌詞の一節からつけました。自分の最も愛しい人、帰りたい帰るべき場所という意味合いです」。そう語るまつおーじ氏はファーストガンダム直撃世代。そのため、劇場版『ガンダム』への愛情とこだわりも一入だという。

「各キャラの顔と目線、自然なポーズにはこだわりました。今でこそ1/35のアニメキャラクターフィギュアがあり、顔が分かるのは当たり前になってきていますが、製作当時はキャラの分かるフィギュアが少なかったので、しっかりとキャラを再現したかったんです」

 一方、アニメキャラを再現することの難しさについても説明してくれた。「最初はキャラの顔がなかなか似なくて苦労しました」とコメント。その解決策として、漫画版『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』(角川書店)を参考にすることで上手くいったのだという。

「漫画はデフォルメされて描かれていますが、少ない情報ながらキャラの違いはハッキリと分かりますよね。そこで、漫画の目の形や離れ具合などを参考にしました。ランチもフィギュアもほとんどが自作なので苦労の連続でしたが、自然なポーズに仕上げるために、自分でポーズを取ってみたりもしました(笑)」

■こだわったのはヘルメットの浮遊感とバイザーの傷

 “アムロの帰還”を再現した『my sweetest』と対となる、「キャスバル(シャア)とアルテイシア(セイラ)の別れ」を立体化したジオラマは、シャアやセイラのセリフが鮮明に蘇る完成度。それゆえ苦心もあったという。

「ヘルメットの浮遊感とバイザーの傷を表現するのは大変でした。この傷を見れば、シャアの『ヘルメットが無ければ即死だった』というセリフが聞こえてくるのではないでしょうか。あと、ヘルメットを支えているワイヤーが極力見えないようこだわりました。あからさまにワイヤーが見えると現実に戻ってしまうので(笑)」

 アムロとの肉弾戦で傷つき、通路を浮遊するシャアのヘルメット。人物とヘルメットの構図も見事だが、シャアとセイラの造形から多くの情報が伝わってくる。特に、セイラのヘルメットに優しく手をそえるシャアの姿が印象的だ。

 「シャアの左手の指先はとても苦労しました。シャアの左手は、優しくそっとヘルメットを引き寄せる感じにならず、何度も調整しました。本当はもう少し色っぽい指先にしたかったのですが…」そう振り返るまつおーじ氏。同ジオラマからは、作品愛はもちろんシャアへのこだわりも強く感じる。

「シャアは大好きです。見た目は怪しいマスクマンで、強い面も弱い面も持っている。アムロとのライバル関係も面白いし、セリフも名言だらけ。ファーストから逆シャアまでのシリーズ内で“迷走”したりとか、色んな魅力がある男です。でも、妹であるセイラへの想いは終始一貫していた。そんな彼の“人間臭い”部分がたまらなく好きですね」

(提供:オリコン)
2019/3/15 07:00 配信

ガンダム屈指の名シーンをジオラマで再現 製作:まつおーじ(C)創通・サンライズ
ガンダム屈指の名シーンをジオラマで再現 製作:まつおーじ(C)創通・サンライズ