MUSICPOWER WAVE

2015年6月のPOWER WAVE

FOLLOW ME

Hardwell feat. Jason Derulo

オランダ人DJ、Hardwell、オリジナル・ファーストアルバム「UNITED WE ARE(日本盤)」からシングルカットされた、アメリカ人アーティストJason Deruloとコラボした楽曲。5月29日に配信リリース。
Hardwellは、世界の人気DJ専門誌「DJ Mag」の“TOP 100 DJs”2013で史上最年少でNo.1を獲得。翌年2014年には2冠を達成し、世界的なEDMムーブメントを牽引する存在として、世界中のクラブミュージックラヴァ―から支持されている。世界中のダンス・フェス、パーティーのヘッドライナーを飾り、DJ、プロデューサーとしての活動の他、自らが主宰するレーベル“Revealed Recordings”で新しい才能の発掘、育成にも力を入れている。
2013年には、本人・関係者たちの証言で記録したドキュメンタリー映画『I AM HARDWELL』を公開。同名のワールドツアーも行い各地で成功を収める。
2014年9月には日本で初開催されたULTRA JAPAN 2014に出演するため初来日し、ヘッドライナーを務めた。
本楽曲が収録されたオリジナル・ファーストアルバム「UNITED WE ARE(日本盤)」は今年1月にリリースされている。
Official Site
レコード会社
エイベックス・ミュージック・クリエイティブ(株)
レコード番号
(2015年5月29日配信 デジタル・リカット・シングル「FOLLOW ME[FEAT. JASON DERULO」)

EPOCH ~始まりの詩~

サンドクロック

男性アコースティック・ユニット「サンドクロック」、6月3日リリースのメジャー・デビュー・ミニ・アルバム「EPOCH」からの1曲。
メンバーはVo&Keyの滝田周と、Vo&Gtの永田佳之。元々、それぞれがソロのシンガー・ソング・ライターとして都内を中心に活動していたが、ライブ共演を機に、2011年にサンドクロックを結成。路上ライブからスタートし、今では多数のイベントやフェスへの出演のほか、「THEイナズマ戦隊」や「UNISON SQUARE GARDEN」のツアー・サポートも務める。2012年には島村楽器主催の音楽コンテスト「HOTLINE2012」で全国グランプリを獲得。2014年には初の全国流通作品「LOG」をリリースした。
ユニット名「サンドクロック」は、滝田の突き抜けるような力強いヴォーカルと、永田の訴えかけるような繊細なヴォーカルが砂時計(=サンドクロック)をひっくり返すように入れ替わり、混ざり合い、一つの世界を紡ぎだす様が由来。全く異なる音楽的ルーツを持ち、それぞれが作詞作曲を行い、色とりどりの多彩なステージを繰り広げる姿は、二重唱(duo)ではなく、決闘(duel)とも評される。
今後は、6月25日(木)開催されるFMK×熊本B,9 LIVE FIRE KUMAMOTO YATTERUKAN、7月25日(土)NUMBER SHOT 2015など各地のイベントへ出演するほか、9月13日(日)には、福岡ROOMSでワンマンツアーの開催も決定している。
Official Site
レコード会社
CROWN STONES
レコード番号
CRCP-40414(2015年6月3日 メジャー・デビュー・ミニ・アルバム「EPOCH」)

世界は時々美しい

戸渡陽太

福岡出身のシンガー・ソング・ライター戸渡陽太、6月10日リリースのセカンド・ミニ・アルバム「孤独な原色たち」からの1曲。
2014年、ロッキング・オン主催のコンテストRO69JACKで入賞。同年11月発売した、初のミニ・アルバム「プリズムの起点」は、第7回CDショップ大賞2015「九州ブロック賞」を受賞し、戸渡自身はiTunesの2015年度の「NEW ARTISTスポットライト」に選出され、本楽曲「世界は時々美しい」がiTunesで先行配信されるなど、話題は尽きない。枠に収まらない感性の放出で歌を紡ぎだし、その唯一無二な声はリスナーを独自の世界へと引き込んでいく。
前作「プリズムの起点」に続き、深沼元昭(Plagues/Mellowhead/GHEEE)をプロデューサーに迎え、サウンド面でも果敢な冒険をした今回のアルバムは、戸渡陽太のメロディ、歌詞、そしてヴォーカルをしっかりと堪能できる1枚。
6月18日(木)、FMK RADIO BUSTERSにゲスト出演し、リスナー招待ライブを開催する。
Official Site
レコード会社
SPACE SHOWER MUSIC
レコード番号
PECF-3152 (2015年6月10日発売 セカンド・ミニ・アルバム「孤独な原色たち」)