MUSICPOWER WAVE

2016年1月のPOWER WAVE

YAMABIKO

NakamuraEmi

神奈川県厚木市出身のシンガーソングライター「NakamuraEmi」、1月20日リリースのメジャーデビューアルバム「NIPPONNNO ONNAWO UTAU BEST」からの1曲。
山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃からJ-POPに触れる。2007年にアーティスト活動を開始。音楽活動を続けるなかで出会ったHIPHOP、Reggae、JAZZなどに影響を受けるようになり、2011年から現在のアーティスト名「NakamuraEmi」に変更して新たな活動をスタート。歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立し、これまでに「NIPPNNO ONNAWO UTAU」シリーズ3作をリリース。「Augusta Camp 2014」や、広島の野外イベント「Music Resortうたたね 2014」のオープニングアクトを務め注目を集める。その小柄な体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは、老若男女問わず心の奥底に突き刺さる。
九州でのLIVEは2月11日(木)タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペースで、「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST」発売記念イベント アコースティックミニLIVE&サイン会の開催が決定している。
Official Site
レコード会社
日本コロムビア
レコード番号
【CD】COCP-39398 【LP】COJA-9301(2016年1月20日発売 Major Debut Album「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST」)

Worth It feat. Kid Ink

FIFTH HARMONY

アメリカの5人組ガールズグループ「FIFTH HARMONY」、1月27日発売の日本デビューアルバム「Reflection(Japan deluxe edition)」からの1曲。
ワン・ダイレクション、リトル・ミックスを輩出したイギリスの人気オーディション番組『Xファクター』のアメリカ版から2012年に誕生した5人組で、メンバーは、ローレン・ハウレギ、アリー・ブルック、ノーマニ・コーディ、カミラ・カベロ、ダイナ・ジェーン。それぞれソロではオーディションに落ちてしまったが、番組制作者であり、審査員でもあるプロデューサー、サイモン・コーウェルがこのまま番組を去らせてしまうのはあまりにも惜しいと感じ、番組の終盤に5人を集めFIFTH HARMONYを結成、そのまま3位まで勝ち残った。番組が放送されていた期間、「FIFTH HARMONY」は、ほぼ毎週Twitterでワールドワイドのトレンドワードとなり、またたく間に「ハーモナイザー」と呼ばれるファンが急増。番組終了後には全米デビューが決定した。昨年2月に発売された本作品は、ビルボードTOP200で初登場5位を獲得。LAの若手実力派MCキッド・インクをフィーチャーしたアルバム収録曲「Worth It feat. Kid Ink」(本楽曲)は、トータルセールス300万ダウンロードを突破し、ミュージック・ビデオの動画再生回数5億回を突破するなど、本国アメリカでシングルとしても大ヒットを記録している。
Official Site
レコード会社
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
レコード番号
SICP-4748 (2016年1月27日発売 日本デビューアルバム「Reflection(Japan deluxe edition)」)