避難について
災害避難について

避難とは「難」を「避ける」こと。 まずは自分にとって「難」が何なのか?を知り、それを避けるためにはどうしたら良いのか?を考えましょう。災害時の避難はいま住んでいる場所のリスクを知り、どういった避難方法があるのかという選択肢を平常時から準備しておくことが重要です。

いつ、どんなときに
どこへ避難するのか

住まいや家族構成によって、どんな災害のとき、どんな状況になったら、どこに避難するのかを家族で話し合っておきましょう。

例)水害なら

警戒レベルが3になったら、明るいうちに車を立体駐車場へ移動、家族は自宅内の2階に非常持出品や非常備蓄品を準備し避難。

自宅以外の場所に
避難する場合

自宅で被災しそうな場合は、自宅以外の場所へ避難しましょう。避難所だけでなく、車中泊や親族・友人宅などが考えられますが、メリットだけでなくリスクや長期化した場合など、総合的に考える必要があります。

避難所

ハザードマップで指定避難所の場所、安全性を確認しておきましょう。避難所を利用する際にも3密を避ける必要があるため、感染症対策のための準備が必要になります。

車中泊

地震の時はひらけた場所に、水害のときは高台にと、車中泊も有効な避難手段です。エコノミークラス症候群の予防についても準備が必要です。

親類・友人宅

持参するものとお世話になるものを伝え、何日間お世話になるのか、長期化した場合はどうするかも想定しておくことが必要です。

自助・共助(近助)・公助

「自助」は自分自身を助けること、「共助(近助)」は地域(近所)での助け合い、「公助」は行政機関や企業などの公共機関による救助を示す言葉です。平常時は公助に守られて生きています。しかし、大規模な災害が起きた場合の公助(救助隊)には限界があります。だからこそ、災害直後に特に必要なのは、自分たちで支えあう自助と共助の力です。

阪神・淡路大震災で「生き埋めや閉じ込めからの救助」を誰が行ったかを示したものです。およそ9割弱の人たちが、自助、近助によるものでした。
一方で公助による救出は1.7%と、自助や近助が重要なのかがわかるデータです。

<共助>

避難に支援を要する人たちを守る
(避難行動要支援者)

  • ひとたび災害が発生すると、高齢者や障がい者などが避難できずに、犠牲になる可能性があります。災害時に何らかの手助けを要する人は「避難行動要支援者」と呼ばれ、高齢者、障がい者、乳幼児、妊婦、傷病者のほか、日本語が理解できない外国人なども含まれます。
  • こうした人たちを守るには、常日頃から地域の避難行動要支援者の把握を行っておくことが大事です。災害時には、地域住民が協力し、支援しましょう。

平常時の支援

  • 車いすで移動しやすいなど、高齢者や障がい者などが住みやすい環境を整備する
  • 日頃のコミュニケーションを通じ、地域で支援が必要な人を把握しておく
  • 災害時の情報伝達や支援体制など、具体的支援方法を確認しておく
  • 防災訓練や講習会へ参加し、災害時の対応の仕方を学んでおく

災害時の支援

  • 災害の現状や今後の見通しなどについて適切に情報提供する
  • 避難行動要支援者の立場に立った丁寧な避難誘導に心掛ける
  • 避難行動要支援者が孤立しないよう、声かけなどを心掛け温かい気持ちで接する