避難情報と行動判定フロー
避難情報と行動判定フロー

警戒レベルとは、水害や土砂災害に備えて住民がとるべき行動をお知らせするために
避難に関する情報や防災気象情報等の防災情報を5段階にレベル分けしたもので、
気象台が出す気象情報や市区町村が出す避難情報と合わせて用いられます。
まずは警戒レベルの状態を知り、レベルに応じた避難行動を事前に確認しておきましょう。

避難情報のポイント

5段階の警戒レベルを用いた
避難情報が導入されました

警戒レベル3や4で、
地域の皆さんで声を掛け合って、
安全・確実に避難しましょう

警戒
レベル
状況 住民がとるべき
行動
行動を促す情報 防災気象情報
(警戒レベル担当)
5 災害派生又は切迫 命の危機 直ちに安全確保! 緊急安全確保※1
(市町村発令)
大雨特別警報
氾濫発生情報
[防風特別警報※2]
~警戒レベル4までに必ず避難~
4 災害のおそれ高い 危険な場所から全員避難 避難指示
(市町村発令)
土砂災害警戒情報
氾濫危険情報
高潮情報・特別警報
3 災害のおそれあり 危険な場所から高齢者等は避難
  • 避難に時間のかかる要配偶者(高齢者・障がい者・乳幼児等)とその支援者は避難
  • 高齢者等以外の人も危険を感じたら自主的に避難
高齢者等避難
(市町村発令)
大雨警報
洪水警報
氾濫警戒情報
高潮注意報
[暴風警報※2]
2 気象状況悪化 自分の避難行動を確認 大雨注意報
洪水注意報
高潮注意報
(気象庁発表)
氾濫注意情報
[強風注意報※2]
1 今後気象状況悪化のおそれ 災害への心構えを高める 早期注意情報
<警報級の可能性>
(気象庁発表)

※1 レベル5は市町村が災害の状況を確実に把握できるわけではないことから、必ず発令されるものではありません。

※2 暴風特別警報、暴風警報、強風注意報については、参考として記載しています。

レベル1、レベル2
避難準備の状態です。レベル3以上に引き上げられたときを想定し、避難行動の確認を行います。
レベル3
危険な場所から避難を開始する状態です。避難に時間を要する避難行動要支援者は避難を開始します。
レベル4
災害が発生する危険が高まり、避難に緊急を要する状態です。危険な場所にいる場合、直ちに全員避難します。
レベル5
既に災害が発生している状況です。まだ避難ができていない場合は、自宅の少しでも安全な部屋へ移動する、すぐ近くの安全な建物に移動するなど、命を守るための最善の行動をとります。

避難行動判定フローと避難情報のポイント

台風・豪雨時に備えてハザードマップと一緒に、「避難行動判定フロー」と「避難情報のポイント」を確認しましょう。
「自らの命は自らが守る」意識を持って、ご家族と一緒に、
自宅の災害リスクととるべき行動を確認しておきましょう。

避難行動判定フロー・避難情報のポイント ▶

https://www.pref.kumamoto.jp/uploaded/life/97088_147373_misc.pdf