エフエム熊本放送番組審議会
前回へ

第326回放送番組審議会 報告

1. 開催日時
平成30年 4月 4日(水)13時30分から
2. 開催場所
FMKエフエム熊本本社 3階会議室
3. 出席委員
委 員 長
副委員長
山崎 広道   熊本大学副学長
堀  栄裕   会社員
榎  主税   会社員
國吉 晴美   主婦
会社側出席者    中西社長ほか5名

自社制作番組
【FMK BEAT MAX】

時間: 金曜 12:00~14:34
出演: MASAKI
提供: 各社

 金曜日の生ワイド番組。MASAKIが熱く、賑やかに週末を盛り上げる。 12時台の名物コーナー MAX CHALLENGEは、聴取者が参加するクイズコーナーで毎週盛り上がりを見せている。
<審議内容>
  • 元気がよい番組で、かかる音楽も躍動感がある。
  • 聴くというより、参加するという企画意図が感じられる。
  • 休日に向けて賑やかで楽しい印象を受けた。
  • 構成がしっかりしていて、番組に参加しやすい。
  • MCのしゃべりはテンションが高く、個性的だ。
  • 個性的だがリスナーに優しく寄り添っているように感じた。
  • 金曜日の昼にぴったりの番組で、時間が経つのをわすれてしまう。
  • テンポがある独特のしゃべりは、独自の世界観をつくりあげている。
  • 聴取者が参加し、音楽ゾーンがあり、メッセージ中心に、と構成がよい。
  • MCのしゃべりは、やや語尾が聴き取りにくかった。

ネット番組
「霧島酒造 匠の蔵 創る人、開く人、発する人」

時間: 土曜 19:00~19:15
出演: 俵万智、花村勇作、成瀬薫
提供: 霧島酒造

 世界に誇れるモノを創る人、道を切り開く人、新たな価値を発する人、それは匠。九州・沖縄の匠を訪ね、その作品や技を紹介する。
<審議内容>
  • 内容が充実していて、興味が持てた。
  • こだわりのある人が好む番組だと思う。
  • 匠の仕事に対するこだわりには感心させられた。
  • 聴きのがすと分かりにくいところをホームページが上手く補完している。
  • ラジオだけではなくホームページでも聴けるところがよい。
  • 教養番組のような印象を受けた。
  • 番組のつくりがとても贅沢だ。
  • 一人の匠を一ヶ月間取り上げるのは、やや無理があるのではないか。
  • 匠を取り上げて、掘り下げる企画は他に無い。長く続けてほしい。
  • 九州・沖縄の匠のインタビューには魅力を感じた。
  • ラジオだけで聴く番組なら、違った表現の仕方があるのではないか。

放送番組審議会事務局は、審議内容を関係者に伝達しました。