エフエム熊本放送番組審議会
前回へ

第354回放送番組審議会 報告

第354回放送番組審議会は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会議は開催せず、委員が聴取リポートを提出し関係者が閲覧、感想や要望を共有する形をとった。

提出締切
令和 3年 2月 3日(水)午前11時まで
場  所
関係各位の所在地
委  員
委 員 長
副委員長
山崎 広道   熊本学園大学 大学院教授
堀  栄裕   会社員
和泉  敏   会社役員
片島 荷風   デザイナー
佐藤みなみ   大学生
会社側参加者    浜田浩生 社長ほか4名

自社制作番組
「エーエス・ライジング presents Ruby Tuesday」

時間: 火曜 15:30~15:55
出演: MASAKI
提供: エーエス・ライジング

 テーマをもとに選曲した上質の洋楽を中心に送るミュージック・プログラム。
最終週はアーティストのリクエスト特集を行う。
<審議内容>
  • さわやかで心地良く、シンプルに洗練された音楽番組。
  • MASAKIのトークは無駄がなく、テンポもよい。
  • MASAKIのしゃべりは落ち着いていて、安心感を与える。曲の途中にトークをかぶせないのも良い。
  • アーティストや曲の紹介や今日は何の日かという説明など、情報をしっかり確認できる。
  • 週ごとのテーマは季節感がありタイムリーで、選曲も良い。
  • 知らない曲でも聴いてみると何度も聴いたことがある曲ばかりで、大学生でも楽しめる。
  • 曲間にトークがないのは、聴いていて飽きるように感じる人もいるかもしれないので、コーナーやMASAKIのトークを入れてはどうか。

ネット番組
「SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~」

時間: 土曜 17:00~17:55
出演: 川島明(麒麟)
提供: SUBARU

 土曜日に55分だけ営業する架空の旅行会社にゲストが訪れる設定で、その思い入れの地をエピソードや音楽とともに巡る。
<審議内容>
  • 川島明が旅のお供という設定が守られ、ゲストも幅広く選ばれている。
  • 川島はゲストについてよく調べており、多面的にインタビューしている。安定感があり、低音のいい声が心地いい。
  • 番組サイトの「営業日誌」でゲストの会話が細かく紹介されており、人となりなどがよくわかる。
  • ラジオドラマとゲストパートがかみ合っておらず、ドラマは「あ、安部礼司」の真似に感じることがあった。
  • 毎週朝に他局でやっていた川島の番組を聴いており、期待は大きかったが、構成などが複雑すぎて、川島の起用意図が伝わらない。
  • 毎回「エウレーカ!」と叫びたくなる新たな気づきもなく、回によってばらつきを感じた。回が変わっても全体を貫くメッセージが欲しい。
  • いろんなジャンルの曲を聴けたが、もっと聴きたいときもあった。

放送番組審議会事務局は、審議内容を関係者に伝達しました。