エフエム熊本放送番組基準
1~6章

エフエム熊本は、公共の福祉、文化の向上、産業と経済の繁栄に役立ち、平和な社会の実現に寄与することを使命とする。
われわれは、この使命に基づき、民主主義の精神にしたがい、基本的人権と世論を尊び、言論および表現の自由をまもり、法と秩序を尊重して社会の信頼にこたえる。
放送に当っては、次の点を重視して、番組相互の調和と放送時間に留意するとともに、即時性、普遍性など、放送のもつ特性を発揮し内容の充実に努める。

  • 正確で迅速な報道
  • 健全な娯楽
  • 教育・教養の進展
  • 児童および青少年に与える影響
  • 節度をまもり、真実を伝える広告

次の基準は、ラジオの番組(多重放送を含む)および広告などすべての放送に適用する。ただし、18章『広告の時間基準』は、当分の間、多重放送には適用しない。

1章 人 権

1.
人命を軽視するような取り扱いはしない。
2.
個人・団体の名誉を傷つけるような取り扱いはしない。
3.
個人情報の取り扱いには十分注意し、プライバシーを侵すような取り扱いはしない。
4.
人身売買および売春・買春は肯定的に取り扱わない。
5.
人種・性別・職業・境遇・信条などによって取り扱いを差別しない。

2章 法と政治

6.
法令を尊重し、その執行を妨げる言動を是認するような取り扱いはしない。
7.
国および国の機関の権威を傷つけるような取り扱いはしない。
8.
国の機関が審理している問題については慎重に取り扱い、係争中の問題はその審理を妨げないように注意する。
9.
国際親善を害するおそれのある問題は、その取り扱いに注意する。
10.
人種・民族・国民に関することを取り扱うときは、その感情を尊重しなければならない。
11.
政治に関しては公正な立場をまもり、一党一派にかたよらないように注意する。
12.
選挙事前運動の疑いがあるものは取り扱わない。
13.
政治・経済問題等に関する意見は、その責任の所在を明らかにする必要がある。
14.
政治・経済に混乱を与えるおそれのある問題は慎重に取り扱う。

3章 児童および青少年への配慮

15.
児童および青少年の人格形成に貢献し、良い習慣、責任感、正しい勇気などの精神を尊重させるように配慮する。
16.
児童向け番組は健全な社会通念に基づき、児童の品性をそこなうような言葉や表現はさけなければならない。
17.
児童向け番組で、悪徳行為・残忍・陰惨などの場面を取り扱うときは、児童の気持を過度に刺激したり傷つけたりしないように配慮する。
18.
放送時間帯に応じ、児童および青少年の聴取に十分配慮する。
19.
武力や暴力を表現するときは、青少年に対する影響を考慮しなければならない。
20.
催眠術、心霊術などを取り扱う場合は、児童および青少年に安易な模倣をさせないよう特に注意する。
21.
児童を出演させる場合には、児童としてふさわしくないことはさせない。特に報酬または賞品をともなう児童参加番組においては、過度に射幸心を起こさせてはならない。
22.
未成年者の喫煙・飲酒を肯定するような取り扱いはしない。

4章 家庭と社会

23.
家庭生活を尊重し、これをみだすような思想を肯定的に取り扱わない。
24.
結婚制度を破壊するような思想を肯定的に取り扱わない。
25.
社会の秩序、良い風俗・習慣をみだすような言動は肯定的に取り扱わない。
26.
公衆道徳を尊重し、社会常識に反する言動に共感を起こさせたり、模倣の気持を起こさせたりするような取り扱いはしない。

5章 教育・教養の向上

27.
教育番組は、学校向け、社会向けをとわず、社会人として役立つ知識や資料などを系統的に放送する。
28.
学校向け教育番組は、広く意見を聞いて学校に協力し、教育的効果をあげるようにつとめる。
29.
社会向け教育番組は、学問・芸術・技術・技芸・職業など、専門的なことがらを聴取者が興味深く習得できるようにする。
30.
教育番組の企画と内容は、教育関係法規に準拠して、あらかじめ適当な方法によって、聴取対象が知ることのできるようにする。
31.
教養番組は形式や表現にとらわれず、聴取者が生活の知識を深め、円満な常識と豊かな情操を養うのに役立つようにつとめる。

6章 報道の責任

32.
ニュースは市民の知る権利へ奉仕するものであり、事実に基づいて報道し、公正でなければならない。
33.
ニュース報道に当たっては、個人のプライバシーや自由を不当におかしたり、名誉を傷つけたりしないように注意する。
34.
取材・編集に当たっては、一方にかたよるなど、聴取者に誤解を与えないように注意する。
35.
ニュースの中で意見を取り扱うときは、その出所を明らかにする。
36.
事実の報道であっても、陰惨な場面のこまかい表現は避けなければならない。
37.
ニュース、ニュース解説および実況中継などは、不当な目的や宣伝に利用されないように注意する。
38.
ニュースの誤報はすみやかに取り消しまたは訂正する。