熊本 77.4MHz /阿蘇 81.3MHz / 南阿蘇 76.8MHz / 小国 80.4MHz / 人吉 82.0MHz / 五木 81.3MHz / 御所浦 78.4MHz / 牛深 76.9MHz

ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

瀬戸利樹、同世代俳優たちから刺激

 日本テレビ系連続ドラマ『偽装不倫』(毎週水曜 後10:00)に出演中の俳優・瀬戸利樹(23)。とにかく目をひくピンクの髪の毛はオファーを受けてすぐさま「染めてきます!」と原作マンガのキャラクターを忠実に再現したもの。ORICON NEWSでは動画インタビューを敢行し、役柄との共通点を「負けず嫌いなところ」と話す彼による徹底した役へのアプローチと、その素顔に迫った。

【インタビュー動画】話題の“ピンク髪イケメン”瀬戸利樹の素顔に迫る

 『海月姫』や『東京タラレバ娘』などで知られる人気漫画家・東村アキコ氏原作の『偽装不倫』は、女優・杏演じるアラサー女子・鐘子が旅先で出会った年下イケメンカメラマンにひょんなことから「人妻」だと嘘をついたことから始まるラブコメディー。瀬戸は仲間由紀恵演じる鐘子の姉・葉子が「独身」だと嘘をついて付き合っているプロボクサーの風太役に起用された。

 誰もが知る女優の相手役に抜てきされたことで「『まじか!』とびっくりしました」と驚き。「普段はもっとクールな方だと思っていたんですけど、いざ会ってみると休憩中にもたくさんおしゃべりをさせていただきました。本当にお芝居中も休憩中もどちらでも助けられっぱなしです。そのおかげで緊張せずにお芝居を演れているので感謝の気持ちでいっぱいです」。
 
 子犬のように甘えん坊な反面、努力家な性格で葉子の心を掴む風太。自分が不倫相手と知らずに葉子との恋を楽しんでいる姿はちょっぴり切ない。「風太はホワホワしていて、可愛らしい男の子というのが第一印象。そのなかでも、真っ直ぐさがある。一つ、自分が決めたことは曲げずに最後まで貫き通すところは、かわいらしい見た目に反して男っぽい。自分と似ているのは明るいところ(笑)。あと“負けず嫌い”だったりするところは似ている」と分析する。

 最近では映画『チア男子!』やTBS系連ドラ『都立水商!~令和~』など学園モノで同世代俳優との共演の機会も多かった。「同世代が舞台、ドラマ、映画で素敵な役を演じていると自分ならどう演じていたんだろうと考えますし、そこで、その方々たちがぴったりなキャスティングだなと思った時は、悔しさとか『頑張らないといけない』という気持ちが芽生えます。若手の俳優陣が頑張ってると負けたくないなと思います」と刺激を受けている。

■“笑顔”で実写オリジナル要素 “引き算”の芝居にも手応え

 プロボクサー役ということもあり1ヶ月半、最低週に2、3回ボクシングジムへ。自身は野球部に所属しており運動経験もあるものの「腰をつかってのラッシュだったりは身体にキます。対人での殴り合いはやっぱり怖い。相手のジャブとストレートが目で追えなかったけどやっと今、追えるようになってきて。それでも打たれる怖さと自分が打つ怖さはなかなか拭えないですね」と奮闘中。

 縄跳びやミット打ち、対人スパーリングなどトレーニングを経て「足をうまく使わないといけないんですけど、やっと慣れてきました」と成長もみえてきた。「手と足のリズム、テンポが合ってきてからがスタートラインと言われ、それが最初はなかなかできなかったんですけどやっと徐々に掴めてきました」と屈託なく笑う。

 一方で「肩や肩甲骨は大きくなってきたかな? 目に見えて自分の体が変わるとテンション上がりますね。ただ大きくなりすぎると階級が変わる世界なので、筋肉を大きくしすぎず体重を絞れるかだそうなので、自分でもこだわってやりたいです」とクランクアップまで調整は続く。

 演技面では「今までの役では『もっと、テンションをあげて』と言われることが多かったんですけど、今回の現場では引き算のお芝居ができているというのが僕のなかでは大きいです。テストの段階で演ったことを『もう少し抑えて』と言われることがあまり今までなかったので、そこは自分のなかでできることを出し切ってから引き算しています。そこは一つ収穫でした」。

 また、原作モノを実写化するにあたり、「“笑顔”はすごく大事にしています。“笑顔”の表情も一辺倒ではなくバリエーションを用意しながら臨んでいます。原作で同じ笑顔だったとしても、本物の人間で演った時、嘘っぽくならないように、せりふによって笑顔の大きさは変えながら演ろうと意識しています」とオリジナルの風太像を作り上げている。

 「今は大丈夫ですけどたまにシャンプーで洗うと手がピンク色になったりします(笑)」とヘアケアもひと苦労の毎日。「でも、こんなキレイな色にできることが人生の中でない人の方が多いですし、それが仕事でできるのは僕のなかでは一石二鳥。こういう経験はなかなかできないし、素敵な役にも出会えた。プラスでしかないですね」と至ってポジティブ。

 14日放送の第6話では見せ場となる試合のシーンも用意されており、葉子の前とはまた違った風太の姿をみせてくれそうだ。「前半では風太はすごくかわいらしいところが多いんですけど、ここから中盤にかけ、風太自身がどう成長していくのかにも注目してほしいです」。



(提供:オリコン)
2019/8/14 08:00 配信

日本テレビ系連続ドラマ『偽装不倫』でピンク髪のプロボクサーを演じる瀬戸利樹 (C)ORICON NewS inc.
日本テレビ系連続ドラマ『偽装不倫』でピンク髪のプロボクサーを演じる瀬戸利樹 (C)ORICON NewS inc.