熊本 77.4MHz /阿蘇 81.3MHz / 南阿蘇 76.8MHz / 小国 80.4MHz / 人吉 82.0MHz / 五木 81.3MHz / 御所浦 78.4MHz / 牛深 76.9MHz

ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

井上咲楽太眉卒業で掴んだブレイク

 昨年12月に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、トレードマークだった“太眉”をカットして大きな話題となったタレント・井上咲楽。イメチェン後はファッションモデルやグラビアなど、美容系の仕事が増え、一気に活動の幅が広がったという。トレードマークである太眉からの卒業を決めた理由やイメチェン後の変化を聞いた。

【画像】色気あふれる表情にドキッ… ランジェリー姿で豊満ボディ大胆披露した井上咲楽

■ランジェリーや水着、初の“美尻”カットにも挑戦「筋トレをめちゃくちゃ頑張りました」

――『さよならMAYUGE』が初めてのフォトブックということですが、インパクトのあるタイトルですよね。

【井上咲楽】 写真集といえば横文字のオシャレなタイトルというイメージが強かったので、タイトルが『さよならMAYUGE』に決まった瞬間はちょっと驚きました(笑)。とはいえ、気取ってない感じが私らしいなと思ってとても気に入っているんですよね。本屋さんに並ぶのが楽しみです。

――今回、ランジェリーや水着姿、初公開となる「美尻」カットも披露されていますよね。

【井上咲楽】 イメチェンする前は割とダボッとした衣装が多かったのですが、今回はしっかりと体のラインが見えるランジェリーや水着ということで、自分的には変化を楽しむつもりで挑戦させて頂きました。イメチェン後に周りから「変わったね」と言われることも多く、そういった反応がすごく嬉しいんですね。なので、もっと大きな変化を見せたくて、撮影までに筋トレをめちゃくちゃ頑張りました(笑)。

――井上さんの中で『さよならMAYUGE』のテーマは“変化”でもあるのですね。

【井上咲楽】 そうですね。眉毛を剃る前と剃った直後はあまり自分に自信がなかったのですが、新しいお仕事をしていくうちに少しずつ自信が持てるようになってきて。以前は変わることを恐れていましたけど、勇気を出してイメチェンしてみたら可能性が広がったので、そういうポジティブな気持ちの変化が写真集を通して伝わったらいいなという思いを込めました。

■「私が可愛く見せようとしたら周りが冷めてしまうのでは…」葛藤していた不安と羨望

――『さよならMAYUGE』で一番気に入っている部分を教えて頂けますか。

【井上咲楽】 下がジーンズで上がタンクトップの写真と、表紙の黒いランジェリー姿の写真がお気に入りです。最初に表紙の写真を見たときは違う自分を見ているような感覚になりましたし、1年前の自分と比べて自信に溢れた目をしているので、そこも気に入っています。

――以前は自信がなかったのでしょうか。

【井上咲楽】 自信がなかったというか、周りが羨ましくて仕方がなかったですし、そうやって人を羨んでいる自分のことが嫌で仕方なかったんです。友達がメイクやファッションに目覚めてあか抜けていく中で、私にはそういうのは似合わないと思い込んでいたのと、太眉&お団子へアで無邪気なイメージの私が、可愛く見せようとしたら周りが冷めてしまうんじゃないかという不安もあって、変わる勇気がなかったんです。

――周りが抱いているイメージを守りたかったんですね。

【井上咲楽】 自分ではそう思っていました。ところが、時間が経つにつれてSNSで「井上咲楽はいつまで太眉なのか?」と書かれたり、周りや友達からも「いつ剃るの?」と聞かれるようになったんですよね。太眉は自分のアイデンティティのようなものなので、剃ってしまったら仕事が無くなると思っていましたし、そもそも剃りたいという気持ちにはならなかったんですけど、だんだんお仕事が無くなってきて落ち込むようになって…。そんな時に「今夜くらべてみました」からイメチェン企画のお話を頂いて、すがるような気持ちで出演を決めました。

――太眉を剃ることに不安はなかったですか?

【井上咲楽】 「今夜くらべてみました」に出たあと、仕事がなくなったらどうしようという不安はありました。剃るまでの6年間でブレイクするチャンスが何度かあったんですけど、実力が追いついてなかったこともあって、チャンスを掴みきれなかったんですね。だから今回もそうなるんじゃないかと思って…。でも行き詰まっていたので、太眉を剃るぐらいのインパクトがないと、今後ブレイクするのは難しいと感じて、それで思い切ってチャレンジさせて頂いたんです。

■イメチェン後5人から告白されるも、恋愛観に変化「今は一人の時間を楽しみたい」

――太眉を剃ったあとは何か心境の変化はありましたか?

【井上咲楽】 こんなに反響があるならもっと早く剃れば良かったなと思いました(笑)。でも、太眉とお団子へアを6年間貫いてきたからこそ、眉毛を剃る前と剃ったあとのギャップを見せることができたので、無駄じゃなかったと思っています。実はホリプロのオーディションが受かったあと、眉毛を剃るか剃らないかの会議があったんです。その時に、もしも剃っていたら今頃どうなっていたかわからないので剃らなくて良かったです(笑)。イメチェン後の一番の大きな変化は他人を羨ましく思わなくなったことと、何でも挑戦しようと思えるようになったことです。お仕事の幅も広がりましたし、自由度も上がったような気がします。

――イメチェン後に5人の男性から告白されたそうですが、恋愛面において何か変化は感じていますか?

【井上咲楽】 以前は彼氏がいる人を羨ましく思っていましたけど、いまは一人でいる時間がすごく楽しいので「彼氏欲しい〜!」みたいな感じではないです(笑)。美容や筋トレなど自分のために時間を使うことがとても贅沢に感じられますし、毎日そういう時間を大事にすることで自己肯定感も高まるので、まだしばらくは一人の時間を楽しみたいです(笑)。

――イメチェン後の井上さんの個性や強みは、自分を磨くことで確立されていきそうですね。

【井上咲楽】 そう思います。ただ、眉毛を剃って見た目が変わっただけで何かスキルが身に付いたわけではないので、色んなお仕事を通して、少しずつ自分のアイデンティティを見つけられたらと思っています。いまはメイクや髪型、衣装など私の変化を楽しみにしてくださる方がいるので、その気持ちに応えていきたいですね。

――美容系やファッション、グラビアのお仕事だけじゃなく、『まっちゃんねる』の「女子メンタル」では、芸人顔負けの体を張ったお笑いを披露されていました。今後、芸能界でどのような活躍をしていきたいですか。

【井上咲楽】 自分で“これは似合わない”と決めつけずに、お話を頂いたものはどんなことでもチャレンジしたいです。バラエティも大好きなので、また『まっちゃんねる』からお声がかかったら、みんなにドン引きされるぐらい全力で挑みます(笑)。それと同時に、美容やファッション、グラビアや『めざまし8』のコメンテーターなど、“この人は一体何人いるの?”と思われるぐらい、幅広く色んなお仕事ができたらいいなと思っています。

(取材・文/奥村百恵)

(提供:オリコン)
2021/9/15 08:40 配信

フォトブック『さよならMAYUGE』を15日に発売する井上咲楽 撮影/逢坂 聡(C)oricon ME inc.
フォトブック『さよならMAYUGE』を15日に発売する井上咲楽 撮影/逢坂 聡(C)oricon ME inc.