熊本 77.4MHz /阿蘇 81.3MHz / 南阿蘇 76.8MHz / 小国 80.4MHz / 人吉 82.0MHz / 五木 81.3MHz / 御所浦 78.4MHz / 牛深 76.9MHz

ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

奥平×鈴鹿×⼩倉、赤面褒めあい

 俳優の奥平大兼、鈴鹿央士がW主演した映画『PLAY! 〜勝つとか負けるとかは、どーでもよくて〜』(3月8日全国公開)の完成披露試写会が8日、都内で開催され、奥平(郡司翔太役)、鈴鹿(田中達郎役)、小倉史也(小西亘役)が登壇した。

【写真】ブレザー姿でビシッとキメた鈴鹿央士、奥平大兼、小倉史也

 eスポーツを題材にした日本初の劇映画で、徳島の高専(高等専門学校)を舞台に、実在の男子学生をモデルとした青春ストーリー。派手な外見とは裏腹に弟想いの一面もある心優しい翔太、ケガを理由にバスケットボールを断念せざるを得なかったクールな優等生・達郎、達郎のクラスメイトでVチューバ―の胡桃のあに夢中のクセ強男子・亘という、学年も性格もバラバラの3人が、にわかチーム<アンダードッグス(かませ犬)>を結成し、「全国高校eスポーツ大会」を目指す。

 キャスト陣は作中の学生服衣装で登場。奥平は歳上の小倉に対して「若返った気がする(笑)」と愛のあるイジりを加え、小倉は鈴鹿に「央たんの制服姿はいつ見ても目の保養」とデレデレ。鈴鹿は奥平に向けて「撮影中は金髪だったから印象が違う。すごく…カッコいいです」と伝えるなど、3人で褒め(?)合った。

 イベントには古厩智之監督からのコメントも寄せられ、3人のキャスティング理由や俳優としての印象が明かされた。奥平には「とても映画っぽい俳優。ただそこに立っているだけで風が吹くような存在」とメッセージが届き、鈴鹿も「徳島で撮影していてもそう思っていました」と同意しながら、「撮影楽しかったね」とにっこり。

 そんな鈴鹿には「人を人とも思っていないキャラクターですが、本当にそういう人が演じてしまっては最悪。なので、正反対のキャスティングをしました」とされ、小倉は「名前の通り、王子様みたい。だからこそ、狂気じみた達郎がドハマリだなと思う」と絶賛した。

 小倉には「芸人さんまで探しても亘だけが見つからなかった」と、監督の中で完全にイメージ通りのキャラクターになったという。奥平は「俳優は全員やり方が違うと思うんですけど、央士くんとは僕と本当に正反対。そんな央士くんだったからこその演技ができたと思う。同じように、小倉くんも僕のアプローチの仕方と全然違う。この3人の現場は、お芝居をする上ですごく居心地が良かったです」と笑顔を見せた。

 監督からのメッセージと共演者からの言葉に全員が照れ笑いを浮かべた後、小倉は「日本初のeスポーツ映画ということで、すごくチャレンジングになっている。青春と相まっていい映画になっています」とアピールし、「青春映画としての完成度も高いと思っています。仲間同士の物語、恋模様、徳島の美しい景色…映画のサブタイトル通り、“勝ち負け”じゃない部分まで描かれています」と誇る。

 奥平は「いちゲーム好きとして、eスポーツの魅力を見せられるのはうれしい」と喜び、「普通に生きていたら関わることがない人とも仲良くなれる。もしかしたらこの中に僕と一緒にプレイしたことがある人もいるのかもしれない」とゲームならではの魅力を語りながら、「そういったことも感じていただきながら、爽やかな気持ちで楽しんでいただきたいです」と呼びかけた。

(提供:オリコン)
2024/2/8 19:17 配信

“eスポーツ劇映画”に自信満々の気持ちを述べた(左から)鈴鹿央士、奥平大兼、小倉史也 (C)ORICON NewS inc.
“eスポーツ劇映画”に自信満々の気持ちを述べた(左から)鈴鹿央士、奥平大兼、小倉史也 (C)ORICON NewS inc.