熊本 77.4MHz /阿蘇 81.3MHz / 南阿蘇 76.8MHz / 小国 80.4MHz / 人吉 82.0MHz / 五木 81.3MHz / 御所浦 78.4MHz / 牛深 76.9MHz

ORICON NEWS Entertainment News

ORICON NEWS

生田絵梨花、地上波連ドラ初主演

 俳優・歌手の生田絵梨花(27)が、今夏放送のABCテレビ・テレビ朝日系『素晴らしき哉(かな)、先生!』(毎週日曜 後10:00)で、地上波連続ドラマ初主演を飾ることが15日、発表された。生徒のため奮闘する高校教師役に挑戦する。

【全身ショット】新人高校教師コーデを披露した生田絵梨花

 生田は、乃木坂46のメンバーとして活躍し、2021年に卒業。独学で作詞作曲をはじめ、今年4月に1stEP「capriccioso」でソロデビューした。俳優としては『レ・ミゼラブル』などミュージカルで活躍し、2019年に第44回菊田一夫演劇賞を受賞。一方、映画『Dr.コトー診療所』や『コンフィデンスマンJP 英雄編』、昨年12月公開のディズニー100周年記念作『ウィッシュ』では主人公・アーシャ役の日本版声優を務めた。ドラマも放送中の『アンメット ある脳外科医の日記』をはじめ、『PICU 小児集中治療室』、『こっち向いてよ向井くん』など出演が相次ぐ。

 そして、ついに地上波連ドラ初主演を果たす。物語の舞台は理不尽な教育現場で、生田が演じるのは、生徒や保護者、同僚など、あらゆる人間関係の板挟みになり、辞め時を探しながらも、なんだかんだ生徒のために奮闘していく、2年目の高校教師・笹岡りお。泣きも笑いも感情に素直、大笑いもすれば裏アカで愚痴も吐くような人間らしさあふれるキャラクターで、生田の新しい一面が期待される。

 りお(生田)は、夢と希望を胸に教育現場に飛び込んだZ世代の高校教師。しかし、その過酷さは想像を絶し、2年目にして退職を考えるほどストレスフルな毎日を送っている。「自由」を拡大解釈し奔放に振る舞う生徒たち、学校に過度な期待を寄せる保護者や近隣住民、トラブル処理を若手に押し付けてくる年配教師…。りおはそんな毎日の愚痴をSNSの裏アカウントに吐き出したり、優しい彼氏に聞いてもらったり、「先生だって人間だ!」と適度に発散しながら持ち前の元気と明るさでどうにかバランスを保っている。

 しかし、その我慢もとうとう限界に到達。辞職を決意するが、同じタイミングでクラス担任に急きょ欠員が発生し、穴埋めのお鉢が、なぜか回ってきてしまう。初めての担任で3年生を任されることとなり、教師生活はさらなる茨の道に突入。果たしてりおの運命は…。

 学校を舞台にした『花より男子』シリーズを手がけ、俳優としても活動する宅間孝行がオリジナル脚本・演出を担当。過酷な教師の実情を背景に、生徒との心温まるエピソードを積み重ね、登場人物だけでなく視聴者、先生たちへの応援歌を届ける。

■生田絵梨花 コメント

――今作が地上波連続ドラマ初主演となります、意気込みを教えてください。

今回初主演を託していただき、とてもうれしく感じています。先生という役どころにも緊張しますし、初めての大役を務め切れるだろうかと不安も大きいですが、私が演じる新米教師のりおも、過酷な教育現場に挫折寸前という状態から物語が始まるので、りおと手を組んで、走るも立ち止まるも転ぶも一緒にめげずに乗り越えていけたらと思います。

――主人公・りおは愚痴も吐けば大泣きも大笑いもする人間らしさ全開で、教師という仕事に向き合っています。今までの生田さんの印象とは異なるキャラクターですが、どういったところをイメージして演じたいですか?

りおは感情の振り幅が大きく、良いところも悪いところも真っ向からくらって放出していく印象があります。なので自分もこれは相当赤裸々に臨まねばならないなと、撮影前の今はちょっと身構えています。ですが、一人で頭の中でどうにかできるものでもないと思うので、共演者の皆さまと接する中で生まれるものや反応を大事にしながら、りおという人物を探っていきたいです。

――視聴者へのメッセージをお願いします。

このドラマは先生の話ですが、生徒たちと過ごす学校の時間だけではなく、家族やパートナーとの私生活の部分も描かれます。1人の人間としての未熟さや愚かさを抱えながらも、先生として奮闘していくりおの姿に、視聴者の皆さんが少しでも前を向けたり、共感してもらえたらうれしいなと思います。とにかく必死に汗をかきまくる夏になると思いますが、この作品を終えた時、『素晴らしき哉、先生!』と腹の底から言えるように、言っていただけるように、全力で頑張ります!

■脚本・演出 宅間孝行 コメント

先生のなり手がいない!という窮状に、教育現場ではSNS上に“#教師のバトン”をつけて「教師の素晴らしさ」を投稿してくれ!と、現役教師に呼び掛けたところ、「教師がいかに大変か」と言う愚痴祭りで炎上というROCKなエピソードが物語の原点です。そこをきっかけに調べると、現代における教育現場の実情や普段見えていない先生の実像が、何とも演歌チックに浮かび上がってきて、何なら、若いZ世代がその下のα世代の人生の道しるべとなるというFUNKな現実を知るにつけ、先生たちの応援歌を作りたい!という衝動に駆られました。

物語は、若手のひよっ子ヘナチョコ教師と令和の今に生きる高校生たちを中心に、そこに関わる人たちの人生の悲喜こもごもを描いた王道ポップスな青春群像劇です。

俳優陣は、生田絵梨花さんを筆頭に、明日の日本を背負うPUNKでフレッシュな若手たちが盛りだくさん、そして粋でJAZZYな大人俳優たちがこれでもかと集結してくれました。

日本の民放ドラマは遅れている、何なら終わってる等(など)と巷(ちまた)ではハードコアに嘆かれて久しいですが、そんな中、私としては久しぶりに民放連ドラの執筆、そして監督を務めます。ドラマ好きな方は勿論(もちろん)、辛口の方、滅多に見ない方にも、納得いくこだわりの作品をお届けするつもりです。日曜の夜に笑顔になれて、ちょっぴりグッとくるSOULな人間ドラマ『素晴らしき哉、先生!』どうぞご期待ください。

(提供:オリコン)
2024/5/15 05:00 配信

ABCテレビ・テレビ朝日系『素晴らしき哉、先生!』に主演する生田絵梨花(C)ABCテレビ
ABCテレビ・テレビ朝日系『素晴らしき哉、先生!』に主演する生田絵梨花(C)ABCテレビ