EVENTおでかけ情報

熊本市町村 おでかけ情報

2018春の山都フットパスツアー

期間 募集中~6月 市町村 山都町 連絡先 山の都創造課内
山都フットパス協会事務局
0967-72-1158

山都町では、4月~6月に開催の「2018春の山都フットパスツアー」の参加者を募集中です。
4月28日(土)は、道の駅清和文楽邑をスタートし、大川阿蘇神社を中心に農村集落道を歩く約6、1㌔の「清和大川コース」。大川六地蔵や映画館跡、阿蘇神社を拝んだ拝所の大杉など見た後、「清和文楽 春の豊作祈願公演」も鑑賞できるプランです。

5月3日(木・祝)は、2つのコースが開催されます。
青葉の瀬をスタート・ゴールに、新緑が楽しめる「小峰コース」は、元小峰の菩提樹や年弥神社などを巡り、展望所からは涅槃像が一望できる、約9.6㌔のコースで家族連れにお勧め!
もう一つの「東竹原南コース」は、高畑阿蘇神社の森から地元に残る史跡を巡る約4.4㌔のコース。室町時代の板碑や、地元で「鬼の門」と呼ばれている約9万年前の巨大岩など、様々な時代の歴史を感じながら歩くコースです。昼食は「みさを大豆」を使った料理、午後からは田植え祭りも楽しめます。

6月24日(日)は、高月集落内の高低差にとんだ約6.9㌔を歩く「高月コース」。集落には、八十八体の地蔵尊像が地区全体に祀られています。阿蘇山や九州山脈の360度のパノラマは絶景です。

参加料は、「清和大川コース」は、文楽鑑賞、昼食、保険料込み4千円。その他は、いずれも、昼食・保険料込みで一般2千円、子ども千円。
参加希望の方は、山都町のHPから申込書をダウンロードして必要事項を記入し、電話・FAX・メール・郵送のいずれかで、開催日の5日前までにお申し込みください。
各コースで定員があり、先着順の受付です。

山都町HP

南阿蘇鉄道沿線フォトコン2018

期間 募集中~5月10日 市町村 南阿蘇村 連絡先 南阿蘇村役場
企画観光課
0967-67-2230

南阿蘇村では、「南阿蘇鉄道沿線フォトコン2018」を開催!あなたの大好きな南阿蘇鉄道の風景を大募集しています。
「南阿蘇鉄道沿線フォトコン2018」は、FacebookまたはInstagramアカウントを持っている方なら誰でも参加できる写真コンテストです。
日ごろスマートフォンなどでSNSを利用している皆さんに南阿蘇鉄道(通称 南鉄)の魅力をもっと知っていただきたいと企画しました。

熊本地震により部分運行中である南阿蘇鉄道の車窓から見つけた素敵な風景、トロッコ列車の印象的なワンシーン、それぞれに個性的な駅舎など、南阿蘇鉄道を応援したくなる、駅舎を訪れたくなるような写真をどんどん送ってください。
応募期間は、5月10日(木)まで。

「Facebook部門」と「Instagram部門」があり、一人何点でも応募可能。応募者自身が撮影した写真を、各アカウントから「#南鉄フォトコン2018」をつけて投稿・公開してください。投稿の非公開をOnにしている場合は、対象外とします。
「審査員賞」に選ばれた方には、「熊本地震被災復旧祈念レール」、「ペア宿泊券」、「南阿蘇鉄道 復興応援きっぷセット」、「いいね!賞」は、「あか牛の館食事券」、「駅舎賞」は、「各駅舎利用券」を差し上げます。

南阿蘇村では、「第1回南阿蘇鉄道沿線スタンプラリー」も開催中!
南阿蘇鉄道や沿線の各店舗を利用するともらえるスタンプを集めてビンゴを完成させ、応募すると、「トロッコ列車の貸切券」や「ペア宿泊利用券」、「あか牛券」などが抽選で当たります。
応募は4月10日(火)まで。各駅店舗、南阿蘇村役場に備付けの回収ボックスへ投函するか、郵送してください。

杖立温泉 鯉のぼり祭り

期間 開催中~5月6日 市町村 小国町 連絡先 杖立温泉観光協会
0967-48-0206

小国町の春の風物詩「杖立温泉 鯉のぼり祭り」が始まりました。
今年も、地元の方やボランティアの皆さんの協力で川幅いっぱいに大小約3500匹の鯉のぼりが飾られています。
春風の中を気持よさそうに泳ぐ様子をご覧になってみませんか!

夜は、7時~10時までライトアップされ、昼の鯉のぼりとはまた違う夜空に浮かび上がる鯉のぼりをご覧になれます。
期間中、写真コンテストも開催。ベストショットをご応募ください。
4月14日(土)は、世界の名車によるツーリングラリーイベント”チェントミリアかみつえ”が開催されます。
「1959年式 オースチン ヒーレー スプライト」、「1964年式 ポルシェ356C」、「1979年式 フェラーリ308GTS」など約50台の世界の名車をぜひご覧ください。

坂本善三美術館では、展覧会「木にまつわるエトセトラ」を開催中!
収蔵作品の中から、坂本善三をはじめ、様々な作家の木や森に関する作品を集めて展示している他、町内の木工作家による作品の展示・販売も行っています。また、小国町森林組合や小国町が中心となって取り組んでいる、木にまつわるさまざまな活動も紹介しています。
4月21日(土)は、「アートフリマ」を開催!テーマカラーの“ピンク”を身に着けて、ぜひご参加ください。

美術館から車で5分の所には、鍋ヶ滝があります。新緑の中、遊歩道をゆっくり下って行くと、落差10m、幅20mに渡ってレースのカーテンのように流れ落ちる美しい滝が見えてきます。
別名「裏見の滝」とも呼ばれ、裏側に入って滝を見ることも出来ます!

杖立温泉 鯉のぼり祭りHP

イチゴ狩り

期間 開催中~5月頃まで 市町村 玉名市 連絡先 ふるさとセンターY・BOX
0968-84-3700

玉名市横島町の中心部、国道501号線沿い物産館「ふるさとセンターY・BOX」で、今年もイチゴ狩りがオープンしました。

玉名市横島町は、イチゴの産地。収穫されたイチゴは、関西・関東圏へも出荷されています。
真っ赤に熟した新鮮なイチゴを時間無制限の食べ放題で、思う存分お楽しみください。
熊本県の新品種「ゆうべに」もあります。

高設栽培のハウスは、立ったままでもいちごを摘み取れ、通路も広いので、車椅子やベビーカーの方も楽しめます。
料金は、小学生以上・1,500円、4歳以上500円、3歳以下は無料。いちごハウスは、毎週(月)が休園日。
午前9時のオープンから、赤く色づいたいちごがなくなり次第、終了となりますので、必ず事前に予約してお出かけください。

ハウス隣の物産館「Y・BOX」では、イチゴはもちろん、横島が誇るトマト、ミニトマトなど地元の新鮮野菜や、ジャムなどの加工品も取り揃えています。

こころピア 4月

期間 4月 市町村 玉名市 連絡先 玉名市歴史博物館こころピア
0968-74-3989

玉名市の歴史博物館こころピアで開催されるイベントを紹介しましょう。
エントランスホールでは、4月7日(土)~5月6日(日)まで昭和30年代を中心に人々の生き生きとした姿やまちの風景など、懐かしい写真を展示する「昭和写真館」を開催します!

レクチャーホールでは、4月14日(土)~5月6日(日)まで「日本遺産菊池川流域の米作り」パネル展を開催!
日本遺産に認定された『2千年にわたる大地の記憶 ~菊池川流域「今昔『水稲』物語」~』を日本遺産構成文化財を中心に詳しく紹介します。

5月4日(金・みどりの日)は、午前10時から体験学習広場で「立体手形を作ろう」が行われます。成長や節目の記念にお子さんの手形を石膏で作ってみませんか?
形をとるものより一回り大きいいらなくなった食品トレーをご持参下さい。4月18日(水)から電話で受付します。
受付時間は、午前9時~午後5時まで。定員は先着10組です。

5月5日(土・こどもの日)は、午前9時~午後4時まで、「こどもの日たんけん!博物館」を開催!だれでも解ける簡単なクイズに挑戦しながら、博物館を探検してみませんか!
参加者には、もれなく博物館特製缶バッジをプレゼント。
当日午前9時~午後4時まで、随時受付。
所要時間は1時間程度。
5月5日は博物館無料開放日ですので、お気軽にご来館ください。
ご紹介した催しものは、全て参加は無料です。

天草生うに三昧

期間 3月21日(水) 〜 5月20日(日) 市町村 天草市 連絡先 天草宝島観光協会
0969-22-2243

天草の春の美味、「うに」を心ゆくまで味わいませんか!3月上旬から天草では『ムラサキウニ』漁が解禁され、天草島内の飲食店・寿司店・ホテルや旅館など24軒で、新鮮な生うにを食することができる「天草生うに三昧」が開催されます。

天草の生うにを食べると『うに嫌い』も『うに好き』になると言われる程、超絶品。
あなたの知っている「うに」の味が変わるかもしれません!

期間は、3月21日(水)~ 5月20日(日)まで。「うにの握り」、「うに丼」、「うにそば」、「うにのパスタセット」、「うに会席」、「うに宿泊プラン」などなど、各参加店で超新鮮な天草の「生うに」をぜひ味わってください。

生うには貴重な食材のため売り切れの場合もあります。
事前に各店舗へご確認ください。
「生うに」を食べてアンケートに答えると、天草詰め合わせセットが抽選で当たる「プレゼントキャンペーン」も開催されます!

やつしろ舟出浮き GWキャンペーン

期間   市町村 八代市 連絡先 八代観光物産案内所
0965-35-6627

八代市では、4月~11月末まで、伝統漁法の体験と、新鮮な海の幸を味わえる「やつしろ舟出浮き」が行われています。

「舟出浮き」は、およそ350年前の江戸時代に八代のお殿様が「鉾突き」という漁法で遊んでいた舟遊びが始まりです。
その後「舟出浮き」として、球磨川河口一帯で行われるようになりました。
「出浮き」とは、“海のピクニック”という意味。「やつしろ舟出浮き」は、漁師さんと一緒に漁船に乗り込み、八代海の伝統漁法を間近で見学したあと、無人島に上陸して、新鮮な海の幸を存分に味わう海のレジャーです。
季節ごとに違う漁法や料理をゆっくりお楽しみください。

お土産付の通常プランの料金は、船1隻5人まで3万円。
1人増す毎に5千円の追加です。
個人予約のお客様のみ、6人からお土産なしプランを選べ、1人増す毎に4,500円追加。
小学生は半額、小学生未満は1,000円、3歳未満は無料。
飲み物は各自でご用意ください。
予約は乗船予定の1週間前までにお願いします。

4月21日(土)~5月13日(日)は、「GWキャンペーン」として、この期間、乗船された1グループに1枚、次回の利用で使える5千円の「特別割引券」をプレゼント!
また全員に、9月末まで使える八代城跡お城舟巡りと人力車の半額割引券をプレゼント!
さらに、Wチャンスとして、特別クーポン券を使って応募された方の中から、「やつしろ全国花火競技大会」の特別有料観覧席を10組・20人に抽選でプレゼントします。

五家荘山開き

期間 4月21日(土) 市町村 八代市 連絡先 五家荘観光案内所
0965-36-5800

八代市泉町では、4月21日(土)に「五家荘山開き」が行われます。

五家荘には、標高1,500級の山々が点在しています。
山開きで1年間の登山の安全を祈願したら、五家荘のいろんな山にチャレンジしてみませんか?
カタクリをはじめ、野山の美しい花や新緑に出会えますよ!

山開きの場所は、泉町の二本杉広場で、朝8時30分から受付、9時に開会し、神事に続いて餅投げが行なわれます。
山開きで受付をされた先着100人には、記念品をプレゼントします。
また、五家荘と八代の物産展では、ヤマメの塩焼きやお茶、木工品、日奈久ちくわ・てんぷら、ようかんなどが販売されます。

当日は、山開きとは別企画で、登山ガイドと登る「山登りイベント」もあります。
8時に出発して、林道ゲートから京丈山頂上、雁俣山頂上、カタクリ群生地を通って、二本杉広場に午後4時頃到着するコースで、こちらは、事前に予約が必要。
料金は1人・3,000円。申込み締切りは、4月18日(水)です。

五家荘ねっとHP

赤ちゃん土俵入り

期間 4月28日(土) 市町村 芦北町 連絡先 芦北町役場
商工観光課
0966-82-2511

芦北町の「佐敷諏訪神社」では、毎年4月27日と28日に、「春の例大祭」が開催されます。

27日(金)は、「お神輿巡業」、28日(土)は、「九州高校選抜相撲選手権大会」や「赤ちゃん土俵入り」が行なわれる他、参道には露店が並び、町の春の風物詩として定着しています。

赤ちゃん土俵入りは、健やかな成長と無病息災を祈願して、名前入りの化粧回しと紅白のねじり鉢巻きを身につけ、境内で力士に抱かれて土俵入りを行います。
毎年、県内外から100人ほどの赤ちゃんが参加する人気行事で、笑ったり、大泣きしたり、中には眠ったりする赤ちゃんもいて、見物客から大きな拍手と笑いが起こるそうです。

参加の申し込みは、当日まで受け付けます。
赤ちゃんの年齢制限はありません。
女の子も参加できます。
参加料は1万3千円の予定。
化粧まわしと紅白のねじり鉢巻きは、各自でご準備ください。

第26回キララ祭 天草サンライズウォークin龍ヶ岳

期間 4月29日(日) 市町村 上天草市 連絡先 実行委員会
事務局
0969-62-1151

上天草市龍ヶ岳町では、4月29日(日)に、「第26回キララ祭 天草サンライズウォークin龍ヶ岳」が開催されます。
キラキラ輝く海、新緑萌える春の天草路。絶景の龍ヶ岳登山で豊かなグリーンシャワーを浴びながら、健康ウォークで、心地よい汗を流しませんか!

当日は、午前8時30分から大道港フェリー発着所前広場で受け付けし、天草サンライズロードを登って、龍ヶ岳山頂広場まで7キロのコースを歩きます。コースの途中からは、素晴らしい景色が眺められる他、各サービスステーションでは、飲み物などのサービスがありますよ!

山頂では、上天草YOSAKOIハイヤチーム慈秀、畳重量当て、ひょっとこ、旅行券・地元旅館の宿泊券など豪華賞品が当たる抽選会、餅投げが行われる他、海鮮バーベキューやビール、ジュースの販売もあります。
参加料は、おにぎり、さくら鯛または商品券の参加賞付で大人・2,000円、中学生以下は500円で、参加賞はありません。
参加希望の方は、参加料を郵便振込で納入し、申込書を郵送かFAXで実行委員会までお送りください。
締め切りは、4月20日(金)です。