土砂災害から身を守る
土砂災害から身を守る

熊本県でも多くの土砂災害で命に関わる重大な被害がもたらされました。大量の降雨や台風、地震、火山噴火など原因は様々ですが、雨が降り続きそうな場合は特に注意が必要です。前兆現象を知り、見逃さないように注意しましょう。

日頃の備え

前兆現象を知っておく

がけ崩れ
特徴
雨水が浸み込み、やわらかくなった土砂が斜面から崩れ落ちる現象です。多量の雨が降った後に起きやすく、雨上がりにも警戒が必要。

前兆現象
がけから水が湧き出る/がけに亀裂が入る/小石が落ちてくる/がけから音がする/樹木や電柱が傾く。
土石流
特徴
谷や斜面にたまった土砂が大雨とともに一気に流れ出す現象。スピードが速く、破壊力が大きいため、被害範囲が広くなりやすい。

前兆現象
山鳴りがする/川の流れが濁り、流木が混じっている/土臭いにおいがする/雨が続いているのに川の水位がさがる。
地すべり
特徴
比較的ゆるやかな傾斜で、粘土質の層がゆっくりと動き出す現象。地形がかたまりで崩れるため、一度に広い範囲で被害が出る。

前兆現象
沢や井戸の水が濁る/地面にひび割れができる/斜面から水が吹き出す/家や擁壁に亀裂が入る/樹木や電柱が傾く。

防災情報の収集く

気象台の発表する気象情報に加え、災害情報にも注意しましょう。 合わせて土砂災害危険度情報を確認しておきましょう。

避難経路の確認く

平時にハザードマップで自宅の危険度を把握しておき、危険性がある場合は日頃からがけから離れた部屋や2階で過ごすようにしましょう。避難行動判定フローを使って、「どんな状況になったら」「どこへ」避難するかを決めておき、危険を感じたら明るい時間帯のうちに予防的避難を行います。