地震災害から身を守る
地震災害から身を守る

わが国は世界有数の地震国であり、これまで何度も大きな地震に襲われ、甚大な被害を受けてきました。地震は突発的に発生します。突然の大きな揺れは適切な判断が難しくなります。 あらかじめ家族で話し合い、防災訓練に参加するなど、日頃の備えが何よりも大切です。

日頃の備え

家具類の転倒・落下・移動防止対策

  • けがの防止や避難に支障のないように家具を配置しておく。
  • 家具やテレビ、パソコンなどを固定し、転倒・落下・移動防止措置をしておく。

【転倒・落下・移動防止のポイント】

  • 転倒防止金具などで固定し、倒れにくくしておく。
  • サイドボード、食器戸棚、窓などのガラスが飛散しないようにガラス飛散防止フィルムを張る。
  • 本棚や茶ダンスなどは、重い物を下の方に収納し、重心を低くする。
  • 棚やタンスなどの高いところに危険な物を戴せておかない。
  • 食器棚などに収納されているガラス製品(ビン類など)が転倒したり、すべり出さないようにしておく。

けがの防止対策

  • 食器棚や窓ガラスなどには、ガラスの 飛散防止措置をしておく。
  • 停電に備えて懐中電灯をすぐに使える 場所に置いておく。
  • 散乱物でケガをしないようにスリッパやスニーカーなどを身近に準備しておく。

消火の備え

  • 火災の発生に備えて消火器の準備や風呂の水のくみ置きをしておく。(溺れ防止のため子どもだけで浴室に入れないようにする)

家屋や塀の強度を確認

家族で話し合っておく

  • 地震が発生した時の出火防止や初期消火など、家族の役割分担を決めておく。
  • 外出中に家族が帰宅困難になったり、 離れ離れになった場合の安否確認の方法や集合場所を決めておく。
  • 家族で避難場所や避難経路を確認しておく。
  • 台風等の風水害が同時期に発生した場合を想定しておく。
  • 普段のつき合いを大切にするなど、隣近所との協力体制を話し合っておく。 

地域の危険性を把握

  • 自治体の防災マップ等で、自分の住む地域の地域危険度を確認しておく。
  • 自宅や学校、職場周辺を実際に歩き、災害時の危険箇所や役立つ施設を把握し、自分用の防災マップを作っておく。

防災知識を身につける

  • 新聞、テレビ、ラジオやインターネットなどから、防災に関する情報を収集し、知識を身につけておく。
  • 消防署などが実施する講演会や座談会に参加し、過去の地震の教訓を学んでおく。
  • 大きな地震の後に同程度の地震が発生する可能性があることを理解しておく。

防災行動力を高める

  • 日頃から防災訓練に参加して、身体防護、出火防止、初期消火、救出、応急救護、通報連絡、避難要領などを身につけておく。

地震10か条

1まず自分の身を守る!

地震の大きな揺れは1分以上。テーブルや机の下に身をかくし、頭を保護しましょう

2すばやく 火の始末を!

小さな火が、大きな災害の原因になります。初期消 火が肝心です。やけどをしないよう気をつけましょう

3戸を開けて、 出口を確保!

避難のための出口確保が重要です。2次災害を防ぐ ために電気・ガス・水道の元栓を閉めて避難しましょう。

4あわてて外に 飛び出さない!

周囲の状況を確かめて、落ち着いて行動しま しょう。

5屋外では、危険なものから遠ざかる!

ブロック塀が倒れたり、窓ガラスや看板などが 落ちてくることもあります。

6山崩れ、がけ崩れ、津波に注意!

災害が発生しそうな地域の人は、すばやく避難 しましょう。

7避難は徒歩で 持ち物は最小限に!

自動車を使うと、渋滞を引き起こし、消火・救援 救護活動の妨げになります。

8自動車は「左」によせて停車!

カーラジオの情報を聴いて行動しましょう。キーはつけ たまま、緊急車両の妨げにならないよう注意しましょう。

9百貨店・劇場などでは 係員の指示に従う!

大勢の人が集まる場所での災害は、パニックを 引き起こしがち。自分勝手な判断はしないこと。

10デマに まどわされない!

テレビやラジオのほか市町村、消防、警察などからの正しい情報を得るようにしましょう。