風水害から身を守る
風水害から身を守る

熊本県では台風や豪雨による被害が繰り返し発生しています。台風や豪雨は地震と違い、事前に予測が可能なため、災害情報など最新情報を収集し、早めの避難が重要です。

日頃の備え

防災情報の収集

気象台の発表する気象情報に加え、災害情報にも注意しましょう。

避難経路の確認

平時から避難行動判定フローを使って、「どんな状況になったら」「どこへ」避難するかを決めておきましょう。また、避難場所までの経路は川や用水路の近くは避けて、事前に歩いて確認します。自宅周辺の災害歴は自宅周りの危険個所を把握するのに役立ちます。過去に土砂崩れや河川の氾濫がなかったかなど調べておきましょう。

台風の備え

強風と大雨が同時にやってくる台風の備えは、屋外に面するところを中心に行います。
窓周辺
まずは風に飛ばされそうなものは固定するか室内へ。窓の周囲はガラスが割れた場合、ケガの危険も考えられるため雨戸を閉めて。雨戸がない住宅は飛散防止フィルムや段ボールを窓ガラスに貼るなどの補強を行います。
屋根まわり
風雨両方の防災にかかわる屋根まわりは日頃のチェックとメンテナンスが重要。風雨が強くなってからの対策は危険を伴うので絶対に避けて。雨どいは詰まりがないようにこまめな掃除を、瓦やトタン屋根は割れやひび、トタンのめくれ等対策をしておきましょう。

雨の強さと降り方

◀ スライドして表示
時間雨量
(mm)
予報用語 屋外の様子 車に乗っていて 災害発生状況
10以上~
20未満
やや強い雨 地面一面に水たまりができる   ・この程度の雨でも長く続く時は注意が必要
20以上~
30未満
強い雨 ワイパーを速くしても見づらい ・側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まる
30以上~
50未満
激しい雨 道路が川のようになる 高速走行時、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かなくなる(ハイドロプレーニング現象) ・山崩れ・崖崩れが起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要
・都市では下水管から雨水があふれる
50以上~
80未満
非常に激しい雨 水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる 車の運転は危険 ・都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある
・マンホールから水が噴出する
・土石流が起こりやすい
・多くの災害が発生する
80以上~ 猛烈な雨 ・雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要
(注1) 「強い雨」や「激しい雨」以上の雨が降ると予想される時は、大雨注意報や大雨警報を発表して注意や警戒を呼びかけます。なお、注意報や警報の基準は地域によって異なります。
(注2) 猛烈な雨を観測した場合、「記録的短時間大雨情報」が発表されることがあります。なお、情報の基準は地域によって異なります。
(注3) 表はこの強さの雨が1時間降り続いたと仮定した場合の目安を示しています。
この表を使用される際は、以下の点にご注意下さい。
  • 表に示した雨量が同じであっても、降り始めからの総雨量の違いや、地形や地質等の違いによって被害の様子は異なることがあります。
  • この表ではある雨量が観測された際に通常発生する現象や被害を記述していますので、これより大きな被害が発生する場合があります。逆に小さな被害にとどまる場合もあります。
  • この表は主に近年発生した被害の事例から作成したものです。今後新しい事例が得られたり、表現など実状と合わなくなった場合には内容を変更することがあります。

歩行が困難な水深

伊勢湾台風時の避難者アンケートでは、大人で 70cm 以上、女性では 50cm以上で歩行困難となっています。また、小学校 5~6 年生では、水深 20cm以上になると避難が困難になるというデータもあります。浸水後の避難は汚染された水への接触、道路状況(マンホールや側溝)が分かりづらい、足を取られるなど危険度が高まります。また浸水が30cmを超えるとドアの開閉が不可能に。避難は浸水前に行い、浸水したら外には避難せず、建物の上階に逃げましょう。

雨の中の避難の注意点

避難時の服装は水につかっても脱げない靴、飛散物から頭を守るためのヘルメット、ヘッドライトやレインウエアを装備し、必ず両手は使えるようにしておきましょう。