火山噴火から身を守る
火山噴火から身を守る

わが国は世界有数の火山国であり、その数は108にのぼります。その一つ阿蘇山は、過去に何度も噴火を繰り返し、いまも活発に活動する活火山です。火山の噴火はさほど突発的ではありませんが、活動が長期化することも。落ち着いて、かつ迅速な避難が必要です。

日頃の備え

危険度の把握

通常、活火山として観測されている山で噴火が起こることがほとんどです。活火山のそばに住んでいる、あるいは旅行で近くを訪れるといった場合は、ハザードマップを確認しておきましょう。

避難経路の確認

ハザードマップには溶岩流や火砕流の予想到達範囲などが記載されているので、いざ噴火が起こった際にどこを避けて避難すればよいかを把握します。ただし、あくまでも「予想」の「範囲」であることに注意。実際には範囲が広がる場合も十分にあり得ることを理解しておきましょう。

防災情報の収集

気象台の発表する火山に関する情報や市町村から提供される避難情報に注意しましょう。