洪水・浸水害から身を守る
洪水・浸水害から身を守る

熊本県では近年、洪水や浸水での大きな被害が続いています。豪雨時の都市部などでは河川付近でなくても洪水や浸水が起こることがあります。災害の種類を知り、二次被害を避けましょう。

日頃の備え

洪水や浸水の種類を知っておく

洪水災害(海・河川で起きる)

洪水は、河川や海からの水で起きる災害です。河川では、雨で堤防から水があふれ、堤防が決壊して起きます。海では、高潮で堤防の高さを超えて水が押し寄せることで起きる現象です。

浸水害(都市部や低地で起きやすい)

降った雨水があふれ出して起こる災害です。集中豪雨やゲリラ豪雨などで排水処理できる水量を超え、道路や建物、冠水注意箇所などの低地に集まって起きる現象です。

危険度の把握

自宅や職場、学校など周辺の洪水や浸水の危険性について、過去に洪水被害がないか、冠水注意箇所がないかなど把握しておきましょう。

防災情報の収集

気象台の発表する気象情報に加え、災害情報にも注意しましょう。

避難経路の確認く

平時にハザードマップで自宅の危険度を把握しておき、避難行動判定フローを使って、「どんな状況になったら」「どこへ」避難するかを決めておきます。危険を感じたら、海外や河川には近づかず、明るい時間帯のうちに予防的避難を行います。特に高潮は、普段では予想できない高さに及ぶ危険があります。高台など、十分に安全が確保できる場所に避難しましょう。